autel-evo-lite
Autel Robotics社より新発売された「EVO Lite」と「EVO Lite+」の違いについて説明します。
「EVO Lite」と「EVO Lite+」の異なる点は、カメラ性能です。その他の飛行性能は同じ仕様となっています。

■センサーサイズと絞り

「EVO Lite」のセンサーサイズが1/1.28インチに対して「EVO Lite+」は1インチあります。また、「EVO Lite」はf1.9の絞り、「EVO Lite+」はf2.8~f11の絞りが調整可能で露出や被写界深度を変更することが可能。

■写真と動画の画素数

静止画は「EVO Lite」が最大50MPで「EVO Lite+」は20MPまで。 動画は「EVO Lite」が4K 60fps対応、「EVO Lite+」は6K 30fps対応となっています。
EVO Lite EVO Lite+
写真 8192x6144(4:3)
4096x3072(4:3)
3840x2160(16:9)
5472x3648(3:2)
5472x3076(16:9)
3840x2160(16:9)
動画 3840x2160(P60/50/48/30/25/24)
2720x1528(P60/50/48/30/25/24)
1920x1080(P120/60/50/48/30/25/24)
5472x3076(P30/25/24)
3840x2160(P60/50/48/30/25/24)
2720x1528(P60/50/48/30/25/24)
1920x1080(P120/60/50/48/30/25/24)
HDR動画 3840x2160(P30/25/24)
2720x1528(P30/25/24)
1920x1080(P60/50/48/30/25/24)
3840x2160(p30/25/24)
2720x1528(p60/50/48/30/25/24)
1920x1080(p60/50/48/30/25/24)

■ジンバル軸

「EVO Lite」はドローン界隈で世界初の4軸ジンバル、「EVO Lite+」は3軸ジンバルです。4軸ジンバルで何ができるかと言うと、スマートフォンなどのモバイルコンテンツに適した縦型撮影が可能になるため、SNSへの投稿などに最適です。

4軸ジンバルを取るか、さらに高い画質を求めるかが二者択一のポイントになるでしょう。

■その他の特徴

「EVO Lite」と「EVO Lite+」の違いを紹介しましたが機体本体の魅力もさらっとお伝えします。

①最大40分間のバッテリー持続時間

この長時間持続バッテリーは、ドローン業界における同等サイズの機種の中でも最長と言われています。

②超広角障害物回避

機体の前方、後方、下方に正面視野角150°の超広角障害物回避センサーを設置。必要なカメラの数を減らしながらも、極限まで死角を無くすように設計されています。

③映像補正

もや・かすみ・霧がかったシチュエーションでも、ヘイズをカットしクリアに映します。また逆光や暗所での撮影でもHDRを適用することで自動的に色味を補正します。

④SonarSound(ソナーサウンド)

送信機に組み込まれた内蔵マイクで地上側の音声を録音することができるシステム。別途マイクを用意する必要が無く、手軽に動画制作ができます。

▶EVO Liteシリーズ商品一覧はこちら

Featured products

Autel Robotics EVO II Pro Rugged Bundle V2Autel Robotics EVO II Pro Rugged Bundle V2
Autel Robotics Autel Robotics EVO II Pro Rugged Bundle V2
販売価格¥211,200 通常価格¥264,000
レビュー
在庫あり、翌営業日までに発送
DJI Phantom 4 Pro V2.0DJI Phantom 4 Pro V2.0
DJI DJI Phantom 4 Pro V2.0
販売価格¥207,680
レビュー
在庫あり、翌営業日までに発送
Parrot ANAFI WorkParrot ANAFI Work
Parrot Parrot ANAFI Work
販売価格¥132,000
レビュー
在庫あり、翌営業日までに発送