無人航空機(ドローン)の機体登録はお済みでしょうか。

航空法改定により、2022年6月20日以降、無人航空機の機体登録で取得する登録記号の表示に加え、リモートID機能の搭載が義務化されます。

こちらの記事では、リモートIDの基本から、リモートID内蔵型の機種等についてまとめています。

機体登録?登録記号?何を言っているのかさっぱり分からないという方は、まずこちらの記事をご覧ください。

無人航空機登録制度について




リモートIDとは?

無人航空機の識別情報を電波で遠隔発信する機能のことです。
自動車でいうナンバープレートのような役割のものと思っていただければ分かりやすいと思います。
無人航空機の登録義務化に伴い、機体への物理的な登録記号の表示に加え、リモートIDを機体に備えなければなりません。


ただし、以下の飛行を行う場合は、リモートIDの搭載が免除されます。

リモートID機能を機体に搭載することなく飛行できる場合は、以下のいずれかに該当する場合です。

  • 2022年6月19日までに機体の登録申請を行った場合
  • 飛行エリアを定めて安全措置を講じる旨の届出を行った場合であって、当該エリアで飛行する場合(リモートID特定区域) ※詳細は航空局HPをご確認ください。

  • リモートIDの基本

    機体の内部に組み込まれた内蔵型タイプと、機体外側等へ取付ける外付けタイプ(リモートID機器)の2種類があります。


    リモートIDの発信情報

    リモートIDには静的情報として無人航空機の製造番号および登録記号、動的情報として位置、速度、高度、時刻などの情報が含まれており、1秒に1回以上発信されます。所有者や使用者の情報は含まれません。




    リモートID内蔵型機種について

    無人航空機製造メーカーのファームウェア更新等の開発によって、リモートIDの機能がドローン本体に追加される場合があります。本ページ作成時点において、リモートID対応状況について公式発表があったメーカー機種一覧は下記の通りです。

    ※下記の情報は予告なく変更となる場合がございます。
    ※今後の対応等についてのご質問は各メーカーにお願いいたします。

    リモートID機種別対応状況

    メーカー名 機種名 対応状況 備考
    SONY Airpeak S1 内蔵済み 2022/6/1リリースのファームウェア更新によって対応
    ACSL SOTEN 内蔵済み ファームウェア最新の状態で対応
    DJI DJI Mini 3 Pro 内蔵予定 2022/6/20以降、ファームウェア更新にて順次対応していく予定
    DJI Mavic 3 シリーズ
    DJI Air 2S
    Mavic Air 2
    DJI Mini 2
    DJI FPV
    Matrice 30 シリーズ
    Matrice 300 RTK
    AGRAS T30
    AGRAS T10
    その他の機種 外部取り付け 外付けリモートIDの搭載が必要

    外付型リモートIDはどこで買える?

    リモートIDは、技術規格書に準拠して開発・製造されたものである必要があります。当ショップでは日本製の認定済みリモートIDとして、下記の商品を取り扱っております。

    ちなみに、外付けリモートIDは機体の所有者が変わらなければ、複数の機体に使い回しても良いと定められています。ただし複数の機体に使いまわす場合は、その都度リモートID機器に機体毎の登録情報を設定しなおす必要があります。

    2022年6月20日以降に登録した機体は、外付け型・内蔵型問わず、リモートIDの初期設定(書込み)が必要です

    リモートID機器と機体情報を紐づける、書込みという作業が必要になります。(※書込む際は、対象の機体をあらかじめドローン登録システムに登録しておく必要があります。)
    この書込みをしなければ、リモートIDは本来の機能を発揮しません。

    ここで注意すべきなのは、リモートIDの書込み方法がメーカーおよび機種によって異なるということです。分かりやすく表にしましたのでご覧ください。

    ただし2022年6月19日までに事前登録された機体は、リモートIDの搭載自体が免除されているためリモートIDの書込み作業は不要となります。

    各メーカー/機種ごとのリモートID書込み方法

    メーカー名 機種名 リモートID対応状況 リモートID書込み方法
    SONY Airpeak S1 内蔵済み 「Airpeak Flight」アプリ内で書込み
    ACSL SOTEN 内蔵済み 「DIPS」アプリにて書込み
    DJI DJI Mini 3 Pro 内蔵予定 各機種に対応するDJIのアプリ内で書込み
    DJI Mavic 3 シリーズ
    DJI Air 2S
    Mavic Air 2
    DJI Mini 2
    DJI FPV
    Matrice 30 シリーズ
    Matrice 300 RTK
    AGRAS T30
    AGRAS T10
    その他の機種 外部取り付け 「DIPS」アプリにて書込み

    DIPSアプリを使ったリモートIDの書込み方法

    DIPSアプリとは、国土交通省が提供する無料のアプリです。現時点で言うと、ACSL社のSOTENや外付け型リモートIDの場合は、こちらのアプリを使ってリモートIDの書込みを行う必要があります。

    DIPSアプリのダウンロードページはこちら

    アプリ名称 端末 ダウンロードリンク 必要OS条件
    DIPS APP - ドローンポータルアプリ iOS App Store iOS:13、14、15
    Android Google Play Store Android:8、9、10、11、12

    最後に

    国土交通省の無人航空機登録ポータルサイトにて、登録制度の背景等、詳細をご確認いただけます。
    リモートID・登録制度に関するお問い合わせは、国土交通省無人航空機ヘルプデスクまで直接お願いいたします。
    尚、本ページに記載の情報は、ページ作成時点の無人航空機登録システムの設定であり、今後変更される可能性がありますのでご了承ください。

    無人航空機登録ポータルサイトへ