Vallerret Logo

Vallerret について

Vallerret(ヴァレレット)は、ノルウェーに拠点を置き、完璧なウィンターショットを追い求める冒険好きな写真家のニーズに合うようにカスタマイズされたプレミアムフォトグラフィーグローブをデザインしています。

2015年にVallerretにとって初めてのフォトグラフィーグローブをリリースして以来、あらゆるタイプのグローブを発売し、アマチュアの風景写真家からプロのスノーボード写真家まで、世界中であらゆるフォトグラファーに愛されています。

フォトグラフィー、ビデオグラフィーを愛するクリエイター達が冬の厳しい寒さの中でも暖かく快適な撮影を行い冒険を楽しむことのできる最善のソリューションを提供するように努めています。

製品ライン

Markhof V3

Markhof Pro V3は、多用途の「どこにでも持ち運べる」機能的でスタイリッシュな次世代写真用グローブです。
撥水加工が施された本物の山羊革、100%メリノウールの裏地、マグネット付きフィンガーキャップなど、フォトグローブに求められる全てを兼ね備えた毎日の冬の撮影に最適なモデルです。

商品ページへ

Milford

Milford フリースグローブ&シェルは、雨の日と風の強い日のための2-in-1写真用グローブソリューションです。Polartec®Windstop®フリースと10Kリップストップシェルを使用して、体を暖かく保ち、雨風から保護します。

商品ページへ

Hatchet

ハチェットは、荒野での写真撮影に必要な耐久性を備えたフルレザーの写真用グローブです。
冒険好きなアウトドアフォトグラファー向けにデザインされた、仕事を成し遂げるための信頼できるタフで信頼性の高いツールです。

商品ページへ

Urbex

Urbexは、都市の写真家がスタイル、暖かさ、機能性のバランスを維持できるように作られています。このユニセックスグローブは、本物の山羊革、100%メリノウール裏地、タッチスクリーン対応の人差し指と親指が特徴で、コーヒーショップから即席のストリートシュートに移行するのに最適なグローブです。

商品ページへ

Tinden

ノルウェーの山の一つである「ティンデン」から名前をとった本モデルは、冬の季節の最も暗くて寒い日の撮影に最適な頑丈なグローブです。

商品ページへ

Skadi Zipper Mitt PSP

究極の汎用性を備えたこの2-in-1グローブは、ミトンで暖かさを提供しつつ、ジップを外し全ての指で機器操作にアクセスする事も可能な柔軟性に優れたミトングローブです。

商品ページへ

Alta Over-Mitt

Alta オーバーミットは、北極圏レベルの寒冷地での撮影のためにデザインされ、他のVallerretグローブの上に重ねて着用することで追加の防寒を提供します。

商品ページへ

Power Stretch Pro Liner

Power Stretch Pro Linerは、Vallerretフォトグラフィーグローブ内部のベースレイヤーとして着用するようにデザインされています。
特に厳しい寒さの中での撮影で、手袋を二重レイヤーで着用することにより特別な暖かさを提供します。単独で着用すると、薄冬の条件で手を暖かく保ちます。

商品ページへ

サイズの選び方

  • 手を開きリラックスした状態で、最も幅の広い周囲を測ります
  • 手の付け根から中指の先までを測ります
サイズXSSMLXLXXL
①掌囲
(cm)
19 - 2020 - 2121 - 2222 - 2323 - 2525 - 27
②手長
(cm)
16 - 1717 - 1818 - 1919 - 2020 - 2121 - 22

注意:Vallerretグローブは、暖かさを犠牲にすることなくカメラ操作のフィーリングを最大限伝えるためにピッタリとフィットするようにデザインされています。ゆったりとしたフィット感をご希望の場合は、サイズアップをご検討ください。

測定値がサイズの中間だった場合はどちらのサイズを選択するべきですか?

多くの場合、測定値がサイズの間にある場合は、サイズを大きくするのが最善のオプションです。
サイズが異なる場合、またはサイズ表の測定値に手が合わない場合は、胴回り(掌囲)の測定値に合わせて優先することをお勧めします。胴回りは最も重要な測定値であり、手袋の胴回りのサイズが小さすぎると、手袋をはめることができません。

ライナーグローブのサイズを大きくする必要がありますか?

ライナーグローブとフォトグラフィーグローブの併用を検討している場合は、フォトグラフィーグローブと同じサイズのライナーを選択することをお勧めします。ライナーは薄く、フォトグラフィーグローブの内側に収まるように設計されているため、通常のサイズのライナーをお勧めします。
これには2つの例外があります。

例外1:
測定値が各サイズの上限に近い場合、例えば上限から1mmしか違わない場合、手袋と一緒にライナーを頻繁に着用する予定がある場合は、フォトグラフィーグローブのサイズを大きくすることをお勧めします。
例外2:かなり緩めのフィット感がお好みの場合は、ライナーを追加するときにもサイズを大きくする必要があります。緩い手袋で機器の操作性を損なう可能性があり、可能な限り最高のカメラの感触を得るためには非推奨となります。

*ライナーと手袋を一緒に着用するときに最高のFliptechパフォーマンスを得るには、手にぴったりとフィットするライナーサイズを選択してください。